文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

NASH(2)肥満が誘因、危機感薄く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 (上)NASHの肝細胞。白い粒が脂肪で、黒く見えるのは正常な細胞が壊れて線維化した部分(下)正常な肝細胞(西原利治さん提供)  線維化が進行  昨年十月。肝臓の超音波画像を見て、高知医大第一内科講師の西原(さいばら)利治さん(49)は、ため息をついた。  「やはり線維化が進んでいる」  肝臓が変形し、脂肪が減っている。脂肪肝炎が進み、肝細胞が壊れて硬くなる線維化を示す特徴的な画像だ。…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事