文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

体験記者(1)「胆石あり」の健診結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  画像の拡大 悪性リンパ腫で入院・治療中の広兼英生記者(左は担当看護師の末光美智子さん、北九州市の小倉記念病院で)  人生は、いつ何が起こるか、分からない――。読売新聞西部本社編集局部長の広兼英生(ひろかねひでお)記者(55)が「胃原発悪性リンパ腫(しゅ)」と知らされた時の心境だ。それまでの「がんとは無縁」との思い込みが、単なる「願望」でしかないことを開腹手術と、それに続く長期の抗がん剤治療で心…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事