文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

貧血(5)透析患者、新薬が救う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 歩道橋もゆっくり上れば、息は切れない。「透析患者の貧血治療は格段に向上しました」と話す北爪さん  心臓がドキドキ  「以前は、人工透析を受けた後に階段を上ると、呼吸が苦しく、目の前が真っ白になりました」  腎不全で週三回の人工透析を受けている東京難病団体連絡協議会の元会長、北爪勇さん(65)は、そう振り返る。  高血圧だった北爪さんは一九八五年夏、慢性腎不全で入院。体調が悪かったのに…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事