文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

脳内物質の作用注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 薬物療法で発作抑制 繰り返し起こる発作  「心臓か脳に何か深刻な病気があるのかも」「このまま死んでしまうのでは」。パニック障害の患者は、こうした不安に襲われることが多いが、死に直接結び付くことはない。一体、どんな病気なのか。  慶応大精神科の大野裕講師によると、米国精神医学会の定義は、〈1〉予期しない「パニック発作」(表参照)が繰り返し起こる〈2〉一回の発作後、もっと発作が起きるのではという「予…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事