文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.記事アーカイブ

カルテの余白に

白阪琢磨 国立病院機構大阪医療センター エイズ先端医療研究部長(下)HIV感染 治癒の日信じて

 昨年、国内の新規エイズ(後天性免疫不全症候群)患者数は、過去最多を記録した。新規のエイズウイルス(HIV)感染者も依然多く、増加傾向が続いている。国立病院機構大阪医療センター・エイズ先端医療研究部長の白阪琢磨さん(55…

つづきを読む

白阪琢磨 国立病院機構大阪医療センター エイズ先端医療研究部長(中)患者と息長いつきあい

 多くの治療薬が開発され、エイズは「感染すれば死」という病ではなく、「慢性疾患」になった。結婚をし、子どもを持つ患者もいる。国立病院機構大阪医療センター・エイズ先端医療研究部長の白阪琢磨さん(55)は、「患者とは息の長い…

つづきを読む

2 / 6

yomiDr.記事アーカイブ一覧