文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がん研究の成果、AMEDが市民向けに発表会…3月3日

 現在のがん研究の先端研究を広く紹介しようという研究成果発表会「みつける×なおす×いきる-最新がん研究から未来を描く-」(日本医療研究開発機構主催)が、3月3日午後1時から東京都千代田区内幸町のイイノホールで開かれる。

 この発表会は、日本医療研究開発機構(AMED)のがんに関する研究成果を市民に対して発表するもので、今年で3回目。東京大、国立がん研究センター、東京女子医科大の研究者による最先端のがん研究の成果発表のほか、全国がん患者団体連合会の天野慎介理事長による特別講演が行われる。また、会場では研究ポスター掲示もあり、研究者自身によるポスター説明も実施する。

 AMEDの担当者は「機構が支援する最新のがん研究が将来どのように患者に届くのか、今どこまできているのかをお伝えする機会にしたい」と話している。

申し込みは、こちらから。

問い合わせは、運営事務局(株式会社オーエムシー内)=03・5362・0266。
または、E‐mail:cancer_research@omc.co.jp