文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

人生100歳時代に豊かに生きるヒントを アクティブライフフェスタを4月10日に開催、大手町で

 毎日を健康で生き生きと過ごしたいシニアを応援するイベント「人生100歳時代のアクティブライフフェスタ2019」が4月10日、東京都千代田区のよみうり大手町ホールで開かれる。

 午前10時半から、ベストセラー「がんばらない」などで知られる医師・作家の鎌田實さんと、山野美容専門学校を運営する山野学苑総長の山野正義さんが、美と健康の 秘訣(ひけつ)をテーマにトークショーを行う。健康で美しく老いようと山野さんが提唱する新しい学問「美齢学」のミニセミナーも行う。

 午後1時半からは、医学博士でもある落語家の立川らく朝さんが、病気や健康について、笑いとともに楽しく伝える健康落語を披露する。健康落語に先立ち、認知症に備える保険の選び方のミニセミナー、昔の新聞を使った脳トレーニングレクリエーション「よみうり回想サロン」も開催する。

 午後4時半からは、「孤独のすすめ」(中公新書ラクレ)などの著書がある作家の五木寛之さんが、「孤独を楽しむ」をテーマに講演する。

名物駅弁や珍しいお酒も販売

 会場では、協賛社や読売新聞グループがブースを出展。「ますのすし」(富山駅など)、「 (たい) めし」(小田原駅など)といった各地から集まる名物駅弁や、珍しいお酒の販売も行う。

 いずれも定員500人。五木さんの講演会は参加費1800円で、ほかは無料。事前申し込みが必要で、午後1時半からの健康落語、午後4時半からの五木寛之さん講演は受け付けを終了した。申し込みは、よみうりカルチャーのサイト(https://www.ync.ne.jp/active-fes.php)で受け付ける。定員に達し次第、締め切る。問い合わせは、よみうりカルチャーアクティブフェスタ事務局(03・3642・4301、平日午前10時~午後5時)へ。

 主催 読売新聞東京本社

 協賛 アデランス 太陽生命保険 大王製紙 山野学苑